お問い合わせ worldpeacegamejapan@gmail.com

ワールドピースゲーム・プロジェクトとは


2015年8月、オレゴン州立大学キャンパスで行われたワールドピースゲーム指導者養成研修「マスタークラス」に、
日本人として初めて参加した谷口真里佳、望月理奈の2名

そして、ディレクターを務める吉澤卓の3人の任意団体。

3人は、1990年に望月が立ち上げた国際交流団体「ピースチャイルド東京」の活動を通じて知り合っている。
その活動には、22年間で約1000人の学生が携わり、新広島テレビにも取材されたという実績を残す。
残念ながら、2014年に団体は解散、しかしファシリテーションや、世界の問題における関心の土台は確実にこの活動を通じて培われている。

8月の研修修了後、日本初開催をめざし、タワーや各種資料の製作など、日本で実施するために必要な準備費用のために、2015年10月からクラウドファンディングを開始。

2016年1月の締切までに、全国124人の支援者から145万円以上の支援を受け
3月に日本初のワールドピースゲームを成功させた。

今後、日本支部として認定を受けるために、
World Peace Game Foundation(Worldpeacegame.org)と検討、調整中。

◆これまでの開催実績、メディア掲載についてはこちら