お問い合わせ worldpeacegamejapan@gmail.com

体験者の声


 

ワールドピースゲーム参加者の感想(一部抜粋)

◆今、世界で何が起こっているのか、知りたくなった。WPGに参加して、その大切さがわかったから。

問題解決の凄さを知った。自分も一つでもいいから世界の問題を解決できる人になりたいと思った

Q.一番難しかったことは?

◆交渉。自分と相手のやりたいことが同じと限らない、食い違いが大変だった。

◆私は、新聞を隅から隅まで目を向けるように読むようになった。自分やることで考えてどういう問題が世界にあるのかを考えて少しでも発信できるようになりたいと思った。

国会中継をみるようになった。ここで話してる人を選んでるの自分なので選挙から始められたらと思った。

 

 


ワールドピースゲームの初回検証に参加した対象年齢の子どもたちによる感想を
紹介させていただきます。 2015.12.29〜30実施

—————————————————————————————————————–
Sちゃん(小6・C国首相) :
「一日目に家に帰ってから、自分たちの資産のダイヤモンドの値段をインターネットで調べた。
同盟を結んだりできることが、ほんとの大人みたいで面白かった。
首相だったけど仲間といっしょだったのでこころ強かった。」

—————————————————————————————————————–
Mちゃん(中2・D国国務長官&防衛大臣) :
「自分たちの世界の状況を自分たちで考えてどんどん変えていける、進めていけることにわわくわくした。
あと、ゲームの中にこっそり設定されていた破壊工作員を見抜いたことにドキドキ!
同じ国の仲間のキャラクターに魅力を感じた。面白かった!!」

—————————————————————————————————————–
Mちゃん(小5・B国首相) :
「交渉する」っていうのが、大人みたいでかっこよかった!
はやく5日間続けてやってみたい!もっと難しい課題があってもいいかも。」
—————————————————————————————————————–
Zくん(中1・A国首相/破壊工作員):
「自分たちだけで作戦を考えて、実行できるのがすごく面白かった。
こんなのやったことない。破壊工作員も、見つからないかドキドキしてスリルあった!また工作員やりたい!」

—————————————————————————————————————–

望月によるコメント:

それぞれ首相や大臣として、国の行動方針を「宣言」として発表したり、
他国と「交渉」したり、リーダーシップを発揮してゲームの展開に貢献してくれ、
「子供だって、任されたらしっかり責任を果たそうと全力を尽くす」姿に感動しました。